2016.07.26更新

サンデー毎日表紙

 

サンデー毎日8月7日号に掲載されました。
テレビ番組で良くごいっしょさせていただく呼吸器内科の大谷義夫先生と「行ってはいけない病院、かかってはいけない医者」をテーマに対談したものが5ページに渡って掲載されております。

最近、週刊現代を中心とした「飲んではいけない薬」「受けてはいけない手術」などの医療否定の記事が話題となっております。

そもそも投薬にしても、手術にしてもメリットとデメリットのバランスによって行うものですが、今回の医療否定系の記事はデメリットにしか注目しておらず非常にバランスの悪い記事だと考えます。

医療否定系の記事を読んだ患者が主治医に無断で薬を飲まなくなったり、「こんな危険な薬を処方していたのか」と詰め寄るなど、医療の現場ではトラブルが発生しているという話も聞きます。
基本的に医師はこういった記事に対しては「とんでもない記事だ!」と憤慨していることが多いのですが、こういった医療否定系の記事がでてくる背景には我々医師にも問題があると言わざるをえません。

メリットとデメリットのバランスを考えずに処方したり、メリットが殆どないのに漫然と処方を続けたりする医師、
また勉強不足のため正しい診断ができない、また正しい処方ができない医師も意外と多いのです。

そもそも処方するときに患者にきっちりメリットとデメリットを説明しておけば、患者が記事を読んだとしても「デメリットのことだけ書いてるな」とスルーできるのです。
説明していないのは、ただデメリットを伝えることが治療にマイナスと考える場合もあるでしょうが、実は医者自体がメリットとデメリットをよく分かっていないということもあるんです。
(実際に前医の処方をみてブチ切れることがあります)

今の医療費低ブームに対して我々医師がどうすべきか、そして患者はどう病院や医者を選ぶかの参考にしていただければ嬉しいです。

投稿者: 院長 大竹真一郎

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • おおたけ消化器内科クリニック TEL:03-3588-1371メールでのお問い合わせはこちら
  • おおたけ消化器内科クリニック TEL:03-3588-1371
  • メールでのお問い合わせ
  • contact_sp03.png
こんな悩みはありませんか?こんな悩みはありませんか? 定期的にカラダをチェック!定期的にカラダをチェック!
WEB予約WEB予約
大竹真一郎のメディア著書紹介大竹真一郎のメディア著書紹介
Director BlogDirector Blog TwitterTwitter FacebookFacebook 大竹 真一郎 Official Blog大竹 真一郎 Official Blog