便秘

便秘とは

日本消化器病学会の研究会が出した『慢性便秘症診療ガイドライン』では、便秘を「本来体外に排出すべき便を、十分量かつ快適に排出できない状態」と定義しています。毎日便通があっても、量が少なく残便感があったり、2日に1度の排便で快調に過ごせる体質の方もいます。
便秘の症状があっても、日常的によくある症状だからか軽視されることが多く、市販薬でかえって悪化させてしまっているケースもよくあります。便秘は適切な治療を受ければ、解消できる病気です。慢性的な便秘を放置していると、痔や大腸疾患発症のリスクが上がりますし、便秘自体が疾患によって起こっている可能性もあります。慢性的な便秘でお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

便秘の症状について便秘の症状について

  • 排便の回数が少ない
  • 排便してもすっきりしない
  • 強くいきまないと出ない
  • 便の硬さ、色、形が以前とは違う
  • コロコロして小さい便しか出ない
  • 下剤を飲まないと排便できない
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 下腹部に膨満感や不快感がある
  • 痔や血便になったことがある
  • 腹痛がある
  • 冷え、むくみがある
  • 肌荒れしやすい

こうした症状がある場合、痔、腸閉塞、大腸がんなどの病気が隠れていたり、こうした病気を引き起こす可能性があります。慢性的な便秘症状がある場合には、医療機関を受診してください。

便秘の主な原因

便秘は、腸の機能に問題があって起こる機能性便秘、腸の病気によって起こる器質性便秘に分けられます。機能性便秘が多いのですが、器質性便秘の場合には早急な治療が必要になることもあります。便秘が続く場合には必ず消化器科を受診してください。
機能性便秘は、便が作られる機能や、排便の仕組みに問題が起こって生じています。機能性便秘は、直腸性便秘、弛緩性便秘、けいれん性便秘に分けられます。直腸性便秘は直腸に便が滞留することで起こり、弛緩性便秘は大腸の機能が低下して生じます。けいれん性便秘は大腸が過剰に緊張して起こっています。こうしたタイプによって治療法が異なります。 器質性便秘は、大腸ポリープや大腸がん、炎症、腸の狭窄や閉塞、癒着など幅広い腸疾患が原因で起こり、原因疾患の的確な治療が早急に必要です。

便秘の診断・検査

問診や触診などを行った上で、疾患が隠れていないかを確かめるために、腹部超音波(エコー)検査、X線検査、大腸カメラ検査、血液検査などから必要な検査を行います。その上で、器質的な病変がないと判断されたら、便秘の治療についてご相談していきます。器質的な病変が発見された場合には、原因疾患の治療を行います。入院や外科手術が必要な場合には、連携の高度医療機関をご紹介し、スムーズに治療を受けられるようサポートします。

便秘の治療

機能性便秘と診断された場合には、原因に生活習慣が大きく関わっているため、食生活や食習慣、ライフスタイルについてうかがいます。市販薬を長く使用している場合、それによってかえって腸の機能を悪化させているケースもよくあります。当院では、漢方や新しい作用機序を持った薬も処方しています。薬物療法では、患者様の状態や体質、ライフスタイルに合わせた処方を行い、再診時にお話をうかがった上で処方を微調整し、最善の処方に近付けます。
また、食事に関するご相談は、管理栄養士によるカウンセリングも可能です。より具体的でわかりやすいアドバイスやご相談ができますので、ご希望の場合はお声がけください。

生活習慣の改善

便秘解消には食生活以外の生活習慣改善も効果的です。

  • 朝は少し早めに起きて朝食をとり、トイレに行く習慣を付ける
  • 便意があったらすぐにトイレに行くよう心がける
  • 腹部を冷やさないようにする
  • 水分をたっぷりとる
  • 入浴は毎日バスタブに浸かって芯まで温まる
  • 速足の散歩程度の軽い運動を週3回以上行う
  • 睡眠や休息をしっかりとる
  • 趣味などで上手にストレスを解消するよう心がける

食事の注意点

  • 規則正しく3度の食事をとる
  • 食物繊維を積極的にとる
  • 適度な脂肪を摂取する
  • 腸内細菌叢を整えるため、ヨーグルトや漬物などで乳酸菌をとる

なお、ダイエットで食事の量が少なくなり、脂肪の摂取量を極端に減らすと便秘を起こしやすくなります。

一番上に戻る
お問い合わせ 人間ドックWEB予約24時間人間ドックWEB予約 内視鏡検査WEB予約24時間内視鏡検査WEB予約