糖尿病

糖尿病とは

血液中に含まれるブドウ糖が過剰な高血糖の状態が続くと、毛細血管や動脈に絶えず負担がかかり、動脈硬化や深刻な合併症を起こします。膵臓から分泌されるインスリンというホルモンは、血液の血糖値を一定に保ち、細胞がブドウ糖を取り込むのを促進します。このインスリンが欠乏する、あるいはその働きが十分でなくなると高血糖になり糖尿病を発症します。

糖尿病の種類

糖尿病は1型糖尿病、2型糖尿病に分けることができます。糖尿病のほとんどは、生活習慣病である2型糖尿病です。

1型糖尿病

感染症などをきっかけに免疫が膵臓のβ細胞を攻撃することで起こる糖尿病です。インスリンは膵臓のβ細胞が作っているため、β細胞が破壊されるとインスリンが分泌されなくなって糖尿病を発症します。子どもが発症することもあります。

2型糖尿病

遺伝による体質に、生活習慣や加齢などが重なって生じる糖尿病です。リスクとなる生活習慣には、肥満や過食、運動不足などがあります。

糖尿病のリスク

高血糖は、血管に大きな負担をかけるので、他の生活習慣病と同じく、動脈硬化のリスクが高いです。動脈硬化は、生活習慣病がある場合や肥満していると進行が早くなり、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを高めます。
また、高血糖は毛細血管にも大きなダメージを与えます。そのため、微細な血管が豊富な腎臓、目の網膜、神経などに深刻な合併症を起こす可能性が高くなります。糖尿病の合併症には、視力の大幅な低下や失明、神経障害による足の壊死・切断、透析治療が必要になる腎不全などを起こすものがあります。
さらに、糖尿病は歯周病があると両方を悪化させやすくなります。がんや認知症などとも関連があることが指摘されています。現在の、そして将来の健康を守るためにも、血糖のコントロールはとても重要です。

糖尿病の原因

インスリンの分泌量が少ない、あるいは働きが十分ではないことが原因になって高血糖になります。食事した際に必要十分な量を素早く分泌する分泌ピークやインスリンが身体で十分に働くかどうかも大きく関わっています。このうち、分泌量やピークに関しては体質や加齢に左右されやすく、インスリンの働きに関しては生活習慣が大きく関わっているとされています。

糖尿病の症状

早期にはほとんど自覚症状がなく、進行してから症状が現れます。主な症状には、のどの渇き、多飲多尿、倦怠感、疲れやすさがあり、さらに進行するとダイエットしていないのに体重が減少します。
糖尿病による合併症では、視力の大幅な低下や失明、腎不全、足の壊死といった深刻な症状が起こることがあります。

糖尿病の合併症

動脈硬化による心筋梗塞や脳出血もありますが、毛細血管に蓄積したダメージによる合併症にも深刻なものが多いため、注意が必要です。特に発症頻度が高く、生活に大きな支障を生じる重篤な症状を起こす3大合併症があります。

糖尿病の3大合併症

糖尿病には、目の網膜がダメージを受ける「網膜症」、腎臓がダメージを受ける「腎症」、手足の神経がダメージを受ける「神経障害」という深刻な合併症があり、糖尿病の3大合併症と呼ばれています。
網膜症では、視力が突然、大幅に低下する・失明することがあります。日本人の中途失明の原因では、糖尿病網膜症が長年上位を占めています。
腎症では、腎臓の機能が破壊されて、最終的に透析治療が必要になります。透析は心身に大きな負担がかかる治療ですし、生活にさまざまな制限が生じます。糖尿病腎症は、人工透析導入の最も多い原因疾患です。
神経障害は手足のしびれなどが起こり、進行すると足の壊死や切断に至ることもあります。
こうした合併症を起こさないようにするためには、継続的な血糖値のコントロールが不可欠です。また、神経症や腎症は内科で進行状況を調べることができますが、網膜症は定期的な眼科受診が必要です。糖尿病と診断されたら、定期的に眼科でチェックしてもらいましょう。

心疾患や脳血管疾患と糖尿病

高血糖で絶えず血管への負担がかかり、動脈硬化を進行させます。それによって心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患発症のリスクを上昇させます。また、高血圧や脂質異常症など、ほかの生活習慣病がある場合や、肥満があると、検査数値がそれほど悪くなくても動脈硬化が進みやすくなってしまいます。内臓脂肪型の肥満は特に動脈硬化を促進しやすい傾向があるため、薬物療法を受けて血糖値がコントロールできていても肥満解消が必要です。心疾患や脳血管疾患は重大な発作を突然起こして命に関わる可能性がありますし、重大な障害を残すこともあります。減量はほかの生活習慣病発症や進行を予防し、健康にも役立ちます。しっかり治療を受けて血糖値を適切に保ち、減量と生活習慣改善を地道に続けましょう。

糖尿病の検査

糖尿病の検査血糖値は食事や運動などによって変化します。特に、糖尿病予備群である境界型糖尿病や初期の糖尿病を早期に発見するためには、血液検査を受けることが重要です。
当院では、血糖の状態を調べることができる検査を行っています。定期的に健康診断や人間ドックで血液の状態も確認しましょう。

治療

1型糖尿病は、インスリンを補充することが不可欠ですから、インスリン注射を中心に治療を行っていきます。
2型糖尿病では、生活習慣の改善を行い、それで不十分な場合には薬物療法を行います。薬物療法をはじめた場合も、肥満解消、食生活や運動など生活習慣の改善は必要です。生活習慣改善は続けることが重要ですから、できるだけストレスなくできるよう、当院では患者様のライフスタイルなどをうかがいながらアドバイスしています。

一番上に戻る
お問い合わせ 人間ドックWEB予約24時間人間ドックWEB予約 内視鏡検査WEB予約24時間内視鏡検査WEB予約