慢性胃炎

慢性胃炎とは

胃の粘膜が炎症を繰り返し起こして弱まり、萎縮する病気です。炎症や潰瘍が長期化すると、萎縮性胃炎を発症します。萎縮性胃炎は胃がんリスクがとても高い状態です。
飲酒や喫煙、カフェイン、ストレス、塩分の過剰摂取などが長年原因だとされてきましたが、慢性胃炎の多くがピロリ菌感染によって起こっていることがわかってきました。ピロリ菌は強い酸性の環境を中和するためにアンモニアなどを作り出しますが、それによって胃粘膜は慢性的な炎症や潰瘍を起こします。日本は先進国中で例外的にピロリ菌感染率が高く、慢性胃炎や胃潰瘍に悩む方も多くなっています。除菌治療に成功すると、こうした慢性胃炎や潰瘍は改善し、再発することもほとんどありません。

萎縮性胃炎

慢性胃炎が長期間続いてダメージが蓄積し、胃粘膜にある胃液や胃酸を分泌する組織が減少します。さらに胃粘膜が薄くなって痩せてしまう萎縮が進行したものが萎縮性胃炎です。胃液が十分に分泌されなくなるため、消化が十分に行えなくなって、胃もたれなどの症状を起こすことがあります。萎縮性胃炎が進行すると胃がんリスクも上がってしまいます。

症状

  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 吐き気
  • 空腹時の胸焼け
  • 食後のむかつき
    など

自覚症状がほとんどなく進行してしまう場合もあるため、注意が必要です。定期検診などで発見されることも珍しくありません。萎縮性胃炎まで進行すると、消化が十分に行えなくなって胃もたれなどの症状が現れやすくなります。

原因

急性胃炎は、薬の副作用・飲酒・カフェインや刺激の強い香辛料の過剰摂取・ストレスなどによって起こりますが、慢性胃炎はほとんどがピロリ菌感染によって起こっていると考えられています。ピロリ菌が出す毒素によって絶えず胃粘膜がダメージを受け続けて炎症を慢性化させ、胃炎が進行します。

治療

胃カメラ検査で粘膜の状態を確かめ、ピロリ菌感染の有無も確認します。ピロリ菌の感染が陽性だった場合には、除菌治療が必要です。萎縮が進行している場合には、除菌治療に成功しても定期的な胃カメラ検査を受けて経過観察を行うことが重要です。
胃炎の症状がある場合には、除菌治療に加えて症状を抑える薬物療法を行い、胃への負担が少ない食生活の改善についてアドバイスしています。除菌治療に成功すると、ほとんどの場合は胃炎の症状も解消します。

 

 

薬物療法

ピロリ菌感染がある場合、除菌治療は最も効果があって根本的な解決につながる唯一の治療法です。慢性胃炎の場合、胃カメラ検査を受けることで除菌治療も保険適用で受けられます。症状が強い場合には、胃粘膜の状態や体質に合わせて胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬、胃の運動機能改善薬などの処方も行う場合があります。

食事療法

強い症状がある場合には、飲酒や喫煙を制限し、カフェインを多く含むブラックコーヒーを飲むのは避けましょう。また、唐辛子をたくさん使った料理も控えます。また、食べ過ぎにも注意してください。

 

一番上に戻る
お問い合わせ 人間ドックWEB予約24時間人間ドックWEB予約 内視鏡検査WEB予約24時間内視鏡検査WEB予約