痛風

高尿酸血症と痛風

高尿酸血症と痛風高尿酸血症は、血液中の尿酸値が高い状態であり、血清中の尿酸値が7.0ml/dLを超えると高尿酸血症と診断されます。高尿酸血症になると痛風発作を起こす可能性がありますが、数値が高いから必ず痛風発作を起こすとは限りません。高尿酸血症は男性に多く、30歳以上の成人男性では30%が高尿酸血症だとされています。痛風発作を起こしたことがあるのは全体の1%を超える程度なので、高尿酸血症のほとんどの方は痛風発作を起こしていないと言えます。
痛風発作は7mg/dL未満で0.1%、7~8.9mg/dLで0.5%、9mg/dL以上で4.9%と、尿酸値が高い方が起こしやすい傾向があります。ただし痛風発作を起こすきっかけは、尿酸値の急激な上昇や下降、激しい運動、ストレスなどがあり、軽度でも起こすことがあります。また発作が起きている間の尿酸値は低く出やすく、尿酸値を下げる治療も発作による痛みがある間は逆効果になる可能性があるため、痛風発作による症状をまず緩和させて状態が落ち着いてから検査と高尿酸血症自体の治療を行います。

高尿酸血症の引き起こす症状

血中の尿酸の濃度が6.8mg/dLを超えると、尿酸は析出しはじめて結晶化することがあります。尿酸が結晶化すると鋭い針状になって、関節にたまると関節炎を生じて激しい痛みをともなう痛風発作を起こします。痛風発作を起こしやすいのは、足の親指の付け根のMTP関節や足関節で、手の関節に生じることもあります。痛風発作は最初、赤みや腫れ、熱感ではじまって、風が当たっても鋭い痛みを生じるとされる激痛を起こします。痛みのピークは24時間程度で、それから徐々に治まってⅠ~2週間で解消に向かいます。
尿酸結晶が腎臓にたまると痛風腎になり、腎障害や尿路結石を発症する可能性があります。
こうした痛風発作、痛風腎、尿路結石といった症状は高尿酸状態が長期に続いても現れないこともありますし、それほど数値が悪くなくても生じることもあります。
また高尿酸状態が続くと心筋梗塞などの心疾患や、脳梗塞・脳出血といった脳血管疾患のリスクを上昇させます。
健康診断で高尿酸血症の指摘を受けた方は、発作がないからと放置せず、できるだけ早く適切な治療を受けてください。特に尿酸値が8mg/dL以上ある場合は速やかな受診が必要です。

尿酸値をコントロールするために

高尿酸血症の治療では、結晶化した尿酸を溶解させることがまず重要になります。結晶化した尿酸を溶かすためには、尿酸値を6.0mg/dL未満にする必要があるため、尿酸値を低く保つことで溶解速度の改善が見込めます。また、関節に結晶の塊がある場合、5mg/dL未満に尿酸値を抑える必要があります。ただし、急激に下降させると痛風発作を起こしやすいため、慎重に少しずつ下げる必要があります。
目標の尿酸値になってからも、結晶が溶けきるまでには数ヶ月から数年かかるため、地道に治療を続ける必要があります。
治療は尿酸値を下げる薬物療法と、生活習慣の改善の両方が必要です。長く継続することが重要ですから、できるだけストレスなく続けられるよう工夫して、無理なくできることからスタートさせましょう。

肥満の解消

肥満の解消肥満を解消することで痛風発作リスクを下げることができます。

BMI(Body Mass Index)=体重(㎏)÷身長(m)の二乗

BMIが25以上は、肥満とされます。そのため、BMI25以下を目指して肥満を解消する必要があります。カロリー制限と週3回以上の軽い運動を続けて、減量しましょう。肥満解消はほかの生活習慣病の発症や進行を予防するためにも有効です。

運動

軽い有酸素運動を習慣的に行うことが最も効果的です。激しい運動や無酸素運動は痛風発作を起こす引き金になるため、厳禁です。

食事

摂取カロリーを控えて、バランスの良い食事を3食、規則正しくとるよう心がけましょう。
また、尿酸値はプリン体を含む食品を摂取すると上昇するため、プリン体を多く含む食品を避けることも重要です。特に100gあたり200mg以上のプリン体を含む高プリン食品を控えるようにします。高プリン食品には、レバーなどの内臓、魚卵、魚の干物などがあります。1日のプリン体摂取量は、400mgに抑えてください。
また、尿酸結晶を早く溶かすためには尿が中性またはややアルカリ性であることが望ましいため、アルカリ性食品の摂取も有効です。

水分摂取

水分をたっぷりとるよう心がけてください。尿路結石などを予防するためにも、1日の尿量を2000ml以上になるよう水分をとる必要があります。夏は特に、のどが渇く前にこまめな水分補給をするようにしてください。

 飲酒について

ビールはプリン体を多く含むことが知られていますが、それ以外のアルコールも尿酸値を上昇させてしまいます。そのため種類に限らず、アルコール摂取量を減らすことが重要です。1日に日本酒1合未満、あるいはビール500ml未満程度が適量です。また前日飲まなかった場合も、この制限を守って飲んでください。

 

高尿酸血症の薬物治療

軽度であれば生活習慣の改善で効果が見込めますが、重度の場合や、何度も痛風発作を起こしている、結節があるといったケースでは薬物療法も必要です。尿酸産生抑制、尿酸排泄促進の薬剤を用いて治療します。尿路結石や腎障害がある場合には尿酸産生抑制を主に使うなど、状態に合わせた処方が重要です。

 痛風発作がある場合の治療

痛風発作を起こしている間は、高尿酸血症の治療として尿酸値を下げる治療を行うと状態が悪化することがあるため、まずは痛風発作の症状を改善させる治療を行います。また発作中は検査しても尿酸値が低く出やすく、正しい数値を得られないため、高尿酸血症の治療は状態が十分に落ち着いてからスタートさせます。
尿酸値が急激に変化すると痛風発作を起こしやすいため、高尿酸血症の治療では経過を観察しながら定期的に検査を行い、慎重に尿酸値を下げる必要があります。下げる目安は1ヶ月あたり1~2mg/dL程度で、数ヶ月かけて目標の6.0mg/dL以下を目指します。6.0mg/dL以下になったら、それをキープして、尿酸結晶を溶解させます。溶解には数ヶ月から数年かかることがあります。最初は1ヶ月に1度採血して数値を確認し、下がりはじめたら3ヶ月ごとに、6.0mg/dL以下になって安定してきたら半年ごとに検査して状態を確認します。
再発を避けるためにも改善した生活習慣を保って定期的に受診し、健康をキープしましょう。

一番上に戻る
お問い合わせ 人間ドックWEB予約24時間人間ドックWEB予約 内視鏡検査WEB予約24時間内視鏡検査WEB予約