高血圧

高血圧とは

高血圧症血管に高い圧力がかかり続けている状態ですが、自覚症状がほとんどありません。高血圧が続くと血管への負担が積み重なって動脈硬化を進行させ、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞・脳出血などを起こすリスクが高くなります。

高血圧の原因

心臓から送り出される勢いが強い、または血管の柔軟性が低いと血圧が高くなります。また、塩分の過剰摂取や塩分を身体に取り込みやすい体質の場合、循環血液量が増加して高血圧になることがあります。
血管が柔軟であれば高い圧力がかかった際にも血管壁が受ける圧力を減らせますが、硬ければ圧力がそのまま血管への負担となって高血圧になります。血管の柔軟性は加齢で失われていくため、動脈硬化は自然な老化現象だと言えます。血管の柔軟性をできるだけ長く保つことが若々しく健康でいるためには重要です。ただし、高血圧・脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症(痛風)などの生活習慣病があると、動脈硬化の進行は加速します。こうした生活習慣病が複数ある場合や、肥満をともなう場合には、それほど数値が悪くなくても動脈硬化を進行させて心筋梗塞や脳梗塞・脳出血リスクを高めてしまうことがわかっています。

高血圧が引き起こす疾患

高血圧によって起こる動脈硬化の大きな影響を受けるのは、脳・心臓・腎臓といった大量の血液を必要とする臓器や血管そのものです。脳・心臓・腎臓・血管にダメージが蓄積すると深刻な合併症を発症し、突然の発作で命に関わることがありますし、大きな障害が残ってしまう場合や、透析が必要になる可能性があります。

  • 脳出血
  • 脳卒中
  • 脳梗塞
  • くも膜下出血
心疾患
  • うっ血性心不全
  • 冠状動脈硬化
  • 心肥大
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
腎臓
  • 腎硬化症
  • 腎不全
血管
  • 大動脈瘤
  • 閉塞性動脈硬化症

血圧の基準値

※2019年版の高血圧治療ガイドライン(日本高血圧学会)

分類 血圧の数値 指導 評価
正常血圧 <120/80mmHg 適切な生活習慣の推奨 1年後に再評価
正常高値血圧 120-129/<80mmHg 生活習慣の改善 3~6か月後に再評価
高値血圧 130-139/80-89mmHg 生活習慣の改善/非薬物療法 低・中リスクの場合
約3か月後に再評価
高リスク
約1か月後に再評価
高血圧 ≧140/90mmHg 生活習慣の改善/非薬物療法 低・中リスクの場合
約1か月後に再評価
高リスク
すぐに薬物療法を開始

高血圧の治療では、総合的な判断が重要です。年齢や基礎疾患などによって、適切な血圧値は変わってきます。特に、厳しい目標値が必要とされるのは、糖尿病をはじめとした生活習慣病がある場合、動脈硬化疾患になったことがある場合、そして腎疾患がある場合です。高齢で特にほかの疾患がない場合には高め程度の高血圧でも薬物療法を行わず、減塩といった生活習慣の改善のみで経過観察することもよくあります。
血圧はご自宅でも計測できるので、こまめに測って記録しておくと治療に大きく役立ちます。血圧はちょっとしたことで変化しやすく、病院などで測るとどうしても高めに出やすい傾向があります。ご自宅で記録していれば普段の血圧を把握しやすく、生活習慣の改善効果を自覚できます。また悪化した場合も対策をすぐにとることができます。当院では高血圧で受診されている方に血圧手帳をお渡ししています。計測を習慣化して治療に役立ててください。

高血圧の治療

生活習慣の改善は薬物療法を受ける場合でも不可欠です。生活習慣の改善により、ほかの生活習慣病の発症や進行も抑えることができます。複数の生活習慣病がある場合には動脈硬化を進ませやすいため、特に生活習慣改善は重要になります。ただし、無理な制限をしても続かなければ意味がありません。ご自分にとって効果が高く、できるだけストレスの少ない方法で改善することが重要です。血圧をこまめに測っていれば効果の高い改善方法も見つけやすくなります。
当院では、患者様が無理なく続けられるよう、診療時にも具体的でわかりやすい生活習慣改善のアドバイスを行っています。

生活習慣の改善

減塩

減塩で血圧が下がるケースはかなり多くなっています。減塩は少し慣れると素材の味を強く感じて薄味でも食事を楽しめるようになる傾向があり、旨味が濃い出汁や減塩調味料、ハーブ&スパイス、青ジソやネギなどの薬味、レモンやゆずなどを有効に使うことで物足りなさを補うこともできます。そのため、当院では高血圧の方に、まず減塩を試すようアドバイスしています。
推奨されている具体的な塩分摂取量は、6g未満ですが、食材自体に3g程度の塩分が含まれています。そのため、調味料として使用できるのは、1日4g程度とお考えください。なお、ハム・ベーコン・ソーセージ・干物といった加工食品は塩分が多いので避けましょう。

体重制限

肥満の病気リスクが高いことはよく知られていますが、痩せている場合も病気リスクが上昇します。標準体重は、病気になる確率が最も低いことがわかっています。肥満症・標準体重・痩せ過ぎは、体格指数(BMI)で判断します。この体格指数は身長と体重で割り出せます。

体格指数(BMI)=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}
体格指数(BMI) 25以上 肥満症
体格指数(BMI) 22 標準体重
体格指数(BMI) 18.5以下 痩せ過ぎ

高血圧のリスクが高いのは、肥満症です。肥満症では高血圧だけでなく糖尿病などほかの生活習慣病の発症リスクも上昇し、進行も早くなってしまいます。減量することでこうしたリスクを下げることができるため、標準体重を目標に少しずつ減量しましょう。

飲酒

厚生労働省は、節度ある飲酒として1日平均純アルコールで20g程度としています。具体的には、1日に日本酒1合、ビール500㏄、酎ハイ(7%)350 ml 1缶がそれぞれ純アルコール20g程度です。注意したいのは、前日飲まなかったから今日は倍飲んでいいということではないということです。また、糖尿病や肝機能障害などがある場合など、状態によってさらに厳しい制限が必要になることがあります。

運動

運動をするとその時は心拍数が上がって血圧も上昇しますが、しばらくすると血圧が低くなります。運動を習慣化することで高血圧を解消できますし、ほかの生活習慣病の発症や進行を抑えることができます。また、骨を強化し、血流や代謝を改善するためにも運動は欠かせません。激しい運動をする必要はなく、ちょっと速足の散歩を習慣にするなどが効果的です。また、少し遠いスーパーやコンビニに買い物に行く、できるだけ階段を使うなど日常に取り入れやすい方法も有効です。
ただし血圧が高すぎる方の場合、運動によって重大な発作を起こす可能性があったり、膝や足などに負担をかけてしまうこともありますので、医師に適切な運動内容を相談してから行うようにしましょう。

禁煙

喫煙は末梢の血管を収縮させてしまうため、動脈硬化のリスクを上げてしまいます。適切な治療を受けて生活習慣も改善しているのに喫煙を続けていると十分な効果を得られず、より厳しい制限が必要になります。禁煙をすることで呼吸器疾患や重篤な肺炎につながる歯周病リスクも下げられます。禁煙をお考えの場合には禁煙外来を受診して相談してみましょう。

薬物療法

高血圧治療薬には、血管拡張剤、過剰な刺激を抑えて血管の緊張を和らげる神経遮断剤、尿量を増やす利尿剤、ホルモンに作用して血圧上昇を抑えるレニン・アンギオテンシン系薬などが用いられます。こうした薬剤にはそれぞれ服薬の際の注意点、メリットとデメリットがあるため、当院ではわかりやすくこうした特徴をお伝えしています。その上で、患者様の基礎疾患ライフスタイル、合併症や既往症などに合わせた処方を行います。わからないことや気になることがありましたら、なんでもご質問ください。

一番上に戻る
お問い合わせ 人間ドックWEB予約24時間人間ドックWEB予約 内視鏡検査WEB予約24時間内視鏡検査WEB予約