潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

慢性的な炎症を起こす大腸疾患で、原因がわかっておらず根治治療ができないため厚生労働省の難病指定を受けています。悪化させないためには、長期に渡って治療を続ける必要がある病気です。炎症自体は薬物療法によりコントロール可能ですから、適切な治療を続けることで発症前に近い生活を送ることができます。
原因として、免疫異常、遺伝的要因、食生活や食習慣などが関わっていると考えられています。
主な症状は下痢、粘血便、腹痛があって、症状の現れる活動期(再燃期)と症状が治まる寛解期を繰り返します。病変は直腸から連続的に拡大する傾向があるため、大腸カメラ検査によって診断します。同様の症状を起こすクローン病は治療法が一部異なるため、正確な鑑別が必要です。大腸カメラ検査では、診断だけでなく重症度の判断ができるので、状態に合わせた適切な治療のためにも重要です。

主な症状

  • 下痢
  • 血便
  • 粘血便
  • 腹痛
  • 発熱
  • 貧血
  • 体重減少

活動期には上記のような症状が現れますが、寛解期にはこうした症状が治まり、再び活動期になって症状が再燃します。寛解期に治療を継続することで寛解期をできるだけ長く続け、悪化させないようにすることが重要です。
安定した状態を長く続けるために、地道な治療と定期的な内視鏡検査は不可欠です。粘膜の状態がわかっていれば再燃しても早期に適切な治療が可能です。また、炎症が長く続くと大腸がんリスクが高くなるため、定期的な内視鏡検査は大腸がんの早期発見治療にも有効です。

合併症

炎症が悪化すると腸管壁の深部に炎症が及び、深刻な合併症を起こす可能性があります。特に、大量出血、腸管狭窄・閉塞、巨大結腸症などを起こした場合には速やかな手術が必要になります。また、大腸粘膜以外の皮膚・目・関節・口内・肝臓・胆のうに合併症を起こすこともあります。

検査・診断

症状の内容や、最初に症状が起こった時期、既往症、服用されている薬などについてうかがいます。
上記のような症状は幅広い大腸疾患で起こる可能性がありますので、大腸カメラ検査で特有の病変がないかを確認します。疑わしい部分があれば組織を採取して病理検査を行います。当院では内視鏡検査経験の豊富な医師が検査をしています。最新鋭のシステムと洗練された手法、鎮静剤の使用などにより無痛の大腸カメラ検査が可能です。

 

治療方法

潰瘍性大腸炎と診断されたら、薬物療法で症状を緩和させて寛解に導き、寛解期になったら長くその状態を保てるための治療を継続して行います。5-ASA製剤は症状のある活動期と症状がない寛解期の両方で継続投与されます。活動期で炎症が強い場合は、ステロイドを使うこともあります。
また、潰瘍性大腸炎の炎症を起こしているTNF-αという体内物質の過剰を解消するために、免疫を抑制する免疫調節薬や抗TNF-α抗体の生物学的製剤を使用する場合もあります。炎症で細菌感染を合併している場合には、抗菌薬を用います。

薬物療法

5-ASA製剤

炎症を抑える効果、良好な状態をキープする効果があるため、活動期と寛解期に関わらず継続投与されます。経口剤・坐剤・注腸剤などがあります。

ステロイド・副腎皮質ホルモン

潰瘍性大腸炎では炎症を抑えることが急務です。そのため炎症がひどい場合には強力な炎症抑制作用を持ったステロイドの投与が有効です。短期間に炎症を改善に導きます。経口薬・坐剤・注腸剤があります。

免疫調整薬

過剰な免疫反応を抑制します。ステロイドの使用量を減らす目的で使われることもあります。

抗TNF-α抗体製剤

炎症の原因となる体内物質のTNF-αが過剰に作られないよう抑制します。

日常生活における注意点

神経質になり過ぎず、ストレスがない範囲で行うようにしてください。

運動

過度な運動は避ける必要があります。軽い運動は医師と相談して、経過を観察しながら行うようにします。

食事

暴飲暴食は避け、肉類や脂肪、砂糖の摂取は控えめにします。当院では管理栄養士によるカウンセリングを受けられます。満足感のあるメニューや食材の選び方、調理方法、外食の際の注意点などについてのわかりやすいアドバイスもさしあげています。 なお、飲酒に関しては、寛解期であれば適度な量を摂取しても問題がないこともあります。医師と相談しながら、少しずつ様子を確認しましょう。

妊娠・出産

寛解期に妊娠出産して、子育てをされている潰瘍性大腸炎の患者様もたくさんいらっしゃいます。再燃しないようコントロールできることが重要であり、妊娠中の服薬が不可欠です。そのため、できれば妊娠を考えはじめた時に医師に相談して、できるだけ安全に妊娠・出産・授乳できるように治療することをお勧めしています。治療中に妊娠がわかって慌てて潰瘍性大腸炎の服薬を自己判断で中止してしまうと、悪化した状態で再燃して妊娠中に強い薬での治療が必要になってしまう可能性があります。妊娠がわかったら主治医に相談して、今後の治療方針をじっくり相談してください。

一番上に戻る
お問い合わせ 人間ドックWEB予約24時間人間ドックWEB予約 内視鏡検査WEB予約24時間内視鏡検査WEB予約