2016.12.01更新

SULUTO1

本日12/1に私が開発に協力した直腸性便秘解消ステップ「SULUTTO」が発売になりました。
洋式便器に装着するだけで排便に理想的な和式便器と同じようなスタイルを取ることができ便秘解消に役立つ商品です。
発売を記念してアサヒ衛陶さんの直販サイトではキャンペーン価格で販売中です。
便秘でお悩みの方はお早めにお申し込みください。

http://item.rakuten.co.jp/asahieito/sulutto/


便秘の様々な原因があると言われていますが、排便のスタイルが便秘に関係することが分かっています。
イスラエルの医師であるシキロフが3つの方法で排便をさせるという実験を行いました。1つ目は通常の洋式便器(便座までの高さが41~42cm)、2つ目は便座の高さを低くした小型の洋式便器(便座までの高さが31~32cm)、3つ目は完全に腰を落としてしゃがむ和式スタイルです。結果は和式スタイルの排便時間が平均51秒で最短だったという結果が出ました。快便度も残り2つの方法に比べて高かったようです。洋式スタイルの場合は低い便器で平均114秒、普通の高さの便器では平均130秒と最も時間がかかり、さらに残便感も一番悪かったという結果になりました。その理由としては、座っているときや立っているときには腸は折り曲がっていて便の出口は完全には開かない仕組みになってるのですが、しゃがむと腸の曲がりがまっすぐに近づき排便がスムーズになるからなのです。

排便時


しゃがむ和式スタイルが一番自然な排便方式といえるのです。しかし最近は日本でもほとんどの便器が洋式になってしまい、排便をしにくい状態にしてしまっているのです。生まれてから洋式でしか排便をしたことがない子供も今後はどんどん増えてくると思われます。そんな子どもたちはうまく排便ができないまま育っていく可能性があるんです。実際に子供の便秘が非常に増えています。また、排便がスムーズでない場合、強くいきまなければならなくなり便秘だけでなく、痔や憩室炎という病気を引き起こしてしまうことがあります。こういった病気は便座に座って排便することを習慣にしている国で多く見られると言われています。


しかし、いくら和式便器が排便に効果的であると言っても脚や膝や腰の負担が少ないという洋式便器のメリットもありますし、便器を変えることは簡単にはできません。
そのような悩みを解消するために開発された直腸性便秘解消ステップ「SULUTTO」が12/1にアサヒ衛陶から発売されました。この商品は洋式便器に装着することにより洋式便器で和式便器の姿勢を取ることができるのです。
私も開発のお手伝いをさせていただいたので、発売前に便秘の患者さんに使用していただきましたが非常に良い結果がでました。

便秘にお悩みの方は是非お試しください!!!

SULUTTO2

投稿者: 院長 大竹真一郎

2016.10.09更新

東京MXで田中みな実さんがMCの「ひるキュン! 」が10月3日から始まりました。
月~金曜日のお昼12時~13時の放送です。

日替わりMCは
月曜日 井上裕介(NON STYLE)
火曜日 サンプラザ中野くん
水曜日 木本武宏(TKO)
木曜日 蟹江一平
金曜日 ゴリ(ガレッジセール)
となっております。

私は初回放送の10月3日(月)と10月5日(水)に出していただいたんですが、
10月11日(月)の体育の日にも出演することになりました。

始まったばっかりですが、MXテレビらしいユニークな番組になって欲しいです。

是非ご覧になってください。

投稿者: 院長 大竹真一郎

2016.10.09更新

一個人表紙

 

「 一個人 」(KKベストセラーズ)11月号の「健康常識本当の話」に出てます。
「大解説!5大検診のホントを教えます!」のコーナーを担当してます。

是非お読みになってください!!!

 

一個人

投稿者: 院長 大竹真一郎

2016.09.24更新

TBS系列で9月26日(月)に19時から放送の「今夜解決!噂の健康術 名医のTHE太鼓判!今やるべき10の法則SP」に出演します。

普段、体に良いと信じてやっていること、巷にあふれる健康法が
本当に正しいのかスタジオの名医が自らの見解を
「太鼓判」「中太鼓」「ダメ」の3つの解答でジャッジ

(番組ウェブサイトから)

是非ご覧になってください!!

名医の太鼓判1

 

 

投稿者: 院長 大竹真一郎

2016.07.26更新

サンデー毎日表紙

 

サンデー毎日8月7日号に掲載されました。
テレビ番組で良くごいっしょさせていただく呼吸器内科の大谷義夫先生と「行ってはいけない病院、かかってはいけない医者」をテーマに対談したものが5ページに渡って掲載されております。

最近、週刊現代を中心とした「飲んではいけない薬」「受けてはいけない手術」などの医療否定の記事が話題となっております。

そもそも投薬にしても、手術にしてもメリットとデメリットのバランスによって行うものですが、今回の医療否定系の記事はデメリットにしか注目しておらず非常にバランスの悪い記事だと考えます。

医療否定系の記事を読んだ患者が主治医に無断で薬を飲まなくなったり、「こんな危険な薬を処方していたのか」と詰め寄るなど、医療の現場ではトラブルが発生しているという話も聞きます。
基本的に医師はこういった記事に対しては「とんでもない記事だ!」と憤慨していることが多いのですが、こういった医療否定系の記事がでてくる背景には我々医師にも問題があると言わざるをえません。

メリットとデメリットのバランスを考えずに処方したり、メリットが殆どないのに漫然と処方を続けたりする医師、
また勉強不足のため正しい診断ができない、また正しい処方ができない医師も意外と多いのです。

そもそも処方するときに患者にきっちりメリットとデメリットを説明しておけば、患者が記事を読んだとしても「デメリットのことだけ書いてるな」とスルーできるのです。
説明していないのは、ただデメリットを伝えることが治療にマイナスと考える場合もあるでしょうが、実は医者自体がメリットとデメリットをよく分かっていないということもあるんです。
(実際に前医の処方をみてブチ切れることがあります)

今の医療費低ブームに対して我々医師がどうすべきか、そして患者はどう病院や医者を選ぶかの参考にしていただければ嬉しいです。

投稿者: 院長 大竹真一郎

2016.06.01更新

6/1よりウェブサイトをリニューアルいたしました。
こちらでも、みなさまに正しい医療情報をお伝えしてまいります。

投稿者: 院長 大竹真一郎

  • おおたけ消化器内科クリニック TEL:03-3588-1371メールでのお問い合わせはこちら
  • おおたけ消化器内科クリニック TEL:03-3588-1371
  • メールでのお問い合わせ
  • contact_sp03.png
こんな悩みはありませんか?こんな悩みはありませんか?定期的にカラダをチェック!定期的にカラダをチェック!
WEB予約WEB予約
大竹真一郎のメディア著書紹介大竹真一郎のメディア著書紹介
Director BlogDirector BlogTwitterTwitterFacebookFacebook大竹真一郎 Official site大竹真一郎 Official site大竹 真一郎 Official Blog大竹 真一郎 Official Blog