ピロリ菌除去・便秘外来

ピロリ菌除去・便秘外来

ピロリ菌とは

胃に住み着くピロリ菌

ピロリ菌は人の胃の中に住み着く細菌で、食べたり飲んだりすることで口から侵入します。大人の体に入っても胃酸が殺菌しますが、子どもは胃酸の酸性が弱く、5歳までにピロリ菌が体内に入ると胃に住み着いてしまいます。

胃がんの9割以上はピロリ菌が関係

胃がんになった日本人の9割以上にはこのピロリ菌がいて、がんの発症に関係していると言われています。ただ一方で、ピロリ菌の保有者で胃がんになるのは8%ほど。当院ではピロリ菌の除菌を行っていますが、これは胃がんが発症するリスクを下げるための療法です。
ピロリ菌がいなくなっても胃がんの危険性がなくなるわけではありませんので、1年ごとの胃カメラをお勧めしています。

発見から除菌まで

薬の服用で除菌が可能

胃カメラでピロリ菌によって起こったと思われる胃炎が見つかった場合には、医療保険を使ってピロリ菌の検査、また除菌を行うことができます。その他、ご本人の希望でピロリ菌検査を行う場合には、保険は効きませんが採血によってピロリ菌の検査を行うことができます。その場合に、もし菌が見つかった場合は胃カメラで状態をよく調べた上で除菌を開始します。
除菌には、専用の薬を1週間飲んでもらいます。これでおよそ7割の方は除菌が成功します。除菌できなかった場合は2次除菌として1週間、また同じ薬を服用してもらいます。

便秘外来

さまざまな症状が出る前に早期治療を

女性に多い便秘と症状

30~50代の女性の半数は便秘

肉食が増えて繊維質の摂取が減るなどの食生活の変化などから、便秘に悩む人が増えています。厚労省が2010年に行った調査によると、便秘の人は全国で男女合わせて479万人いると考えられています。
当院院長の今までの臨床経験からの実感では、30~50代の女性の半数は便秘です。ただ、本人が自覚していることは少なく、「お腹が張る」「お腹が痛い」「吐き気がある」「便が出た後もお腹がすっきりしない」といった症状で来院され、調べてみたら便秘だったケースが大半です。

意外と多い「隠れ便秘」

便秘には医学的な決まりがありませんが、当院の定義では、便が3日以上出ない状態が便秘。また、よく勘違いされやすいのが、下痢だから便秘ではないという認識です。女性で下痢をしている人の多くは便秘で、腸がけいれんすることで下痢が出るけど便はたまっているのです。

放置することで病気にも

便秘を放っておくと、下記の症状のほか、腸閉そくや虚血性大腸炎などの病気になることもあります。逆に便通が良くなることで肌が良くなったり、頭痛や体の不調が治ったりすることもあります。便秘と自覚されている方はもちろん、お腹が不調でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

放置することで起きる症状
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 体が疲れやすい
  • 肌荒れ、ニキビ
  • 冷え性
  • むくみ

治療法

腸への刺激が少ない薬で改善を

まずは検便をして、状態が良くなければ内視鏡の検査をしてくわしく調べます。
他の病気の可能性がなければ、整腸剤や便を出しやすくする薬を服用してもらい、改善を目指します。
ここで注意するのが、どういった薬を処方するかです。市販薬の8割が腸を刺激して便が出ることを促す薬で、医療機関でもそのような機能の薬を処方することがあります。刺激性の薬を使い続けると一時的に便通は良くなりますが、自分自身で腸を動かす働きが悪くなるため、勧めません。当院は腸への刺激が少なく、便を軟らかくする薬を使って治療していきます。また、僕は良い生活習慣に関する本も書いており、具体的でわかりやすい生活習慣の改善方法もお伝えします。

  • おおたけ消化器内科クリニック TEL:03-3588-1371メールでのお問い合わせはこちら
  • おおたけ消化器内科クリニック TEL:03-3588-1371
  • メールでのお問い合わせ
  • contact_sp03.png
こんな悩みはありませんか?こんな悩みはありませんか? 定期的にカラダをチェック!定期的にカラダをチェック!
WEB予約WEB予約
大竹真一郎のメディア著書紹介大竹真一郎のメディア著書紹介
Director BlogDirector Blog TwitterTwitter FacebookFacebook 大竹 真一郎 Official Blog大竹 真一郎 Official Blog